FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不二くんバースディの次は、遙か5FDのプレイ日記になります+
とりあえず、全キャラ(隠しも含め)オールクリアしたのでvv
スチル、リンドウの武器封印だったかな…それだけがまだ入手出来てませんが…
それ以外はフルコンプしてますvv
画像も、イベントも+

なので、ネタばれありで感想なんかを書いていこうかなと。

結構ネタばれしてしまうので、まだやってない!って方。
これからだから見たくない!って方は回れ右して下さい。

大丈夫!って方のみどうぞです(^_^)




















【風花記 感想】


キャラ別感想を書く前に、まずは全体的な感想から。
5無印は、フルコンプ済みの状態です+
結構楽しみにしてた、今回のFD。
期待を裏切られることなく、寧ろ結構いい形で裏切られた状態で満足できました+
やっぱり、FDだけあって甘い。
どのキャラも甘いんですが、今回はなんていうか…結婚前提なものが多かったのかなぁ。
新キャラの、リンドウの声をあててる方は声優さんじゃないって事でどんななのかなって思ってたんですが。
思った以上にいい感じでしたvv
まぁ、やっぱりちょっとした違和感があったりもするんですが、私はそれが結構好きだったりします。
ED後、何度もイベントを見返してしまったくらい(笑)
ただ、やっぱり前回の大団円後の話にはなるので…とはいっても、結構違う感じもあるんですが(苦笑)…とにかく、5無印をやってからの方が色々と楽しめます。
また別の次元の話なので、FDだけでも大丈夫そうな感じがしますが、繋がりがある部分もあったり主人公がこの時はこうだったのに、って思う部分が出てきたりするので、知らないと何のこと?ってなるかも知れません。
知っていれば、あぁ確かに!って共感できるんですが(苦笑)

全部終わってみて思うのは、5無印でもこれだけキャラを掘り下げてくれたらよかったかなって事ですね。
まぁ、FDなのでそんなに深くって程でもないんですが、無印の時はちょっと軽すぎた気がしていたので。
今回は、いい感じにシリアスで私はかなり好きです+
葛藤もあり、なによりキャラの嫉妬や執着と言ったのが描かれててvv
FDでは、都ルートがないんですが、それでも都はいいキャラしてます(笑)
特に桜智ルートでは、がんがん突っ込んできます(笑)
その突込みがまた面白い+
それに、無印では主人公に執着しすぎな部分があったんですが、今回は最後しっかり主人公と攻略キャラとの幸せを願ってくれます。
そして、見送ってくれますvv
無印、FDを通して、私はやっぱり都が一番好きです+
天海と同等ですね(笑)

それでは、以下よりキャラ別で話していきます!










【一週目 桐生瞬】


初めは誰にしようか考えながら進めているうちに、とんとん拍子で結晶を入手出来ていたので、まずは瞬を攻略することに+
彼は、なんていうか…ちょっと重めのシリアスでしたね。
私は結構こういうの好きですけど、苦手な人は苦手なのかなぁと。
主人公が立ち向かう中、自分さえいなければ神子の迷いは消えるという考えから皆の記憶から自分自身を消し去ろうとしてしまうといった話で。
少しずつ皆が忘れていってしまう様子がなんとも切なかったです。
そうそう、こういうときは決まって…あれ、誰が言ってたっけ…?
みたいな。
そして、消えると開き直った瞬はもうね(笑)
本当にストレートに想いを示してきます。
主人公にだけ、微笑みかけるんです。
またそれが切ない;;
結局、主人公は忘れたりせず、瞬の主人公の中にある居場所をしっかり守りきったんですが。
その後の展開も、本当になんていうか。
可愛いやらなんやらで(笑)
それに、自分が兄ではなく一人の男だって主張もしてきます。
そういう台詞は、聞いててキュンキュンしますね(笑)
ちなみに、私自身は言われるより言いたい方です(笑)
こっちをしっかり意識しろよ、的な。
まぁ、それはおいといて←
瞬ルート、無印と比較すると私は無印の方が好きなんですが、それでも今回のストーリーもかなりいいものでしたvv
自分も一人の男だって主張する瞬は、かっこよかったですしね。









【二週目 高杉晋作】


諱(いみな)が春風の高杉(笑)
今回の一番印象に残ったのが、これです。
彼、本当になんていうか、うん、私が好きなタイプです(笑)
俺様で、強引で。
けど、しっかり相手を見ていて引き際も押し時も知ってる。
おかげで、やってる最中終始ドキドキさせてもらいました(笑)
春風に抱かれたい、主人公の言葉に俺の諱は春風と言う、って公言した時はもうvv
俺は距離を詰めるつもりだから、って言い切るところもいいですね。
内容的には、無印とそんなに大差はなかった気がします。
呪詛に蝕まれる体…そこは変わりないので。
ただ、今回は主人公側に行くわけじゃなく、白龍に願って高杉と主人公の寿命を分け合い同じだけ生きられるようにしてもらって幕末期に残る、といった終わり方です。
現代エンドは、今回少なかったですね。
無印は、全てが現代エンドだったんですが(笑)
無印と違って、FDでは主人公が相手を追っていくって感じの作りになってます。
高杉ルートも、結構楽に入れたので、もし楽しみに取っておきたいならどこかでフラグを折るのも手かも知れません(笑)









【三週目 リンドウ】


今回、私が一番期待してたキャラです(笑)
見た目とか、陰陽師って事とかもあって…陰陽師、大好きなのでvv
声をあててる方のインタビューも、ちらっと読んでいて余計に興味というかありました。
実際、やってみての感想は、一番好き、です(笑)
30代の大の大人が、周りに嫉妬したりする様子は可愛い以外にないですね。
自覚あるのに、我慢しちゃうところも。
僕、かっこわるい…、その言葉に萌ました(笑)
内容は、まぁ星の一族なので瞬や祟と同様先見が出来るわけですが。
そこまで強力な力じゃないため、陰陽師を志、ただ一度だけ一族の力を使って占ったきり先見はしていない人。
そのリンドウが、天海の言葉に江戸城に来てみれば実際に神子がいて…って感じから始まって。
リンドウからしてみれば、神子は混乱を招く邪魔なものって認識で。
色々と無体な言葉を浴びせてきますが、結局は神子を認めてかつ自分が神子に惹かれてる事も認めるって展開(笑)
大雑把過ぎですが(爆)
ただ一度だけ行った占いで、自分が神子を気に入るって出た事がどうしても認められなかったリンドウも、最後は開き直って接してきます。
現代に移動した主人公に、式紙で連絡を取り早く帰っておいで、会いたいと告げたり。
最後の日の前日には、神子を辞めるまで手を離さないと声を荒げたり。
リンドウは、数少ない現代エンドのキャラです+
現代でも、しっかり嫉妬イベント見せてくれます(笑)
主人公に、大人気ないとか、強引とか色々突っ込まれてます(笑)
そんなリンドウが、無性に可愛いと思うのはなんででしょうね←
私の中で、ツボなキャラでしたvv

※ここで一つ攻略ヒント※
スチル六枚目が、リンドウは武器封印なんですが普通にやっても出ません(苦笑)
イベントが起こらない;
イベントを起こす条件は、武器レベルを16まで上げて、四凶を倒すと鼠山でイベントが発生します。
武器レベルが上がっていないと、イベントは起こらないので注意です+
私も、これに気付くまでかなり苦労しました(苦笑)









【四週目 小松帯刀】


しょっぱなから求婚的な進み具合でびっくりでした(笑)
まぁ、初めは小松のお見合い話をなくす為の策略だったんですが、結局は求婚(笑)
神子の名前があれば、結婚しても自分に有利になるからと何度も言い寄られます。
その度、主人公は嫌ですときっぱり断る(笑)
で、断れば新密度が上がるっていう、なんとも(爆)
ただ、最後の方では小松の本気が見えてきます。
神子の名を利用したい為に結婚したいわけじゃない、そういい切る小松殿。
主人公も好きになってはいるものの、邸で聞いた神子様との結婚は有益的な女中の話に素直に信じられず苦悩する感じが切なかったです。
現代イベントで、ベランダの窓越しに会話をするシーンがあるんですが、そこが結構好きだったりしますvv
二人の間には、見えない隔たりがあるっていう内容の。
何度も求婚する小松ですが、結局最後は主人公の幸せを願って現代に帰します。
来てはいけないよって。
結構いいシーンだったと思いますvv
離れてみて、主人公も小松の傍に居たい、小松の傍が自分の幸せだと気付いて幕末へ。
って言うか、白龍一度現代に帰しても、幕末までまた送ってくれるんだとちょっとびっくりしましたが(笑)
無印の内容より、FDの方がやっぱり格段に甘くはなってました。
ただ、随所のイベントは無印の方が好きだったかなと思います+









【五週目 坂本龍馬】


彼は、無印とは結構違いがあったストーリーで、ちょっと戸惑いました;;
無印では、道場で出会って少しの間一緒に過ごした後、主人公が消える時に砂時計の欠片を渡すんですが…
まぁ、違う時空の龍馬なので当然といえば当然なんですけど、今回は子供龍馬との出会いが発端になってます。
もちろん、砂時計も割れないし、欠片を持ってたりもしません。
似たようなものだと、腕護りがあるくらいかな。
そして、何度か主人公は時間を越えて龍馬に会うんですが、その度に状況が変わっていきます。
なので、余計にとまどう(笑)
主人公と一緒に、あれ?ってなってました(笑)
無印の時は、こういうことだったのか!とすっきりした龍馬ルートでしたが、今回はちょっともやっと感が残る感じです。
まぁ、今回の主役は星の一族のような感じなので、仕方ないのかなとも思うんですけど(苦笑)
龍馬ルートは、断然無印の方が私は好きですねv
あ、でも子供龍馬は本当に可愛いですvv
大きくなったら、お嫁さんにするってもう!
あ、けどやっぱり結婚関係(笑)
今回本当にそういうの前提が殆どなので、甘さはかなりなものです。
龍馬も、しっかり最後は求婚して結婚エンドですしね+
けどまぁ、無印でちょっと物足りない糖度だと思った人は、いい感じに思うんじゃないかなと+









【六週目 沖田総司】


たぶん、今回一番びっくりした出来事があったキャラです(笑)
まぁ、後々もう一人居ましたけど(爆)
なにかって…キスシーン的なものがあるんです(笑)
触れる一歩手前な、口元だけのものですが…今までにない事でちょっと驚きました。
無印…あれ、あったかな…←
ちょっと後で確認してみますが(爆)
本気でびっくりしたので、その印象が強いです。
※ちなみに、無印だと桜智くんが主人公の毒を取り除くためにしっかりキスしてましたね(笑)
内容は、総司の感情を呼び覚ます的なものでした。
一度、主人公に心開いて感情を持った総司が、土方さんに神子の抹殺を命ぜられ苦悩するうち、カイ(無印にも出てきた子供の姿の妖怪)に術を掛けられて、再び感情を失ってしまうといったもの。
主人公は、なんとしても総司の感情を再び呼び覚ましたくて、切られそうになりながらも挑んでいく。
という内容でした。
感情を失うまでの総司は、本当に可愛いです。
そして、純粋過ぎるゆえかかなりストレートです(笑)
さらっと言います、さらっと。
こっちが照れる(爆)
可愛いんですけどね、そういうところが。
感情をなくして、再び取り戻した後の総司はなんというか男でしたね。
可愛いのにかっこいい感じで、見ていて楽しかったです+
エンドは、幕末にて…結婚エンドではないですが、いずれ添い遂げましょう的なエンドでした。
今回の総司、かっこいいです+









【七週目 チナミ】


チナミは、まさかのマコトさん生還で驚きです(笑)
無印では、無念にも陽炎になってしまうマコトさんですが、今回は陽炎にはなりません。
とあるイベントで、大火事があるんですが…そこでチナミと主人公を助けてそのまま…というのがノーマルルート。
で、チナミルートになると、主人公が地下水路があることを現代で知ってそれを伝えます。
龍神の力を使って、時を遡って。
そのおかげで、マコトさんは無事生還となるわけです。
まぁ、御奉行から出される条件にあるので、実行必須なわけですが(笑)
無印では、結構マコトさんの最後が辛くてどうにかならないのかと思ったりもしていたので、私としては今回の展開は嬉しいものでした+
一緒に夕餉食べにいけたりしますし(笑)
勿論、攻略対象はチナミですが(爆)
外国人とのイベントも今回はちょこちょこあって、チナミの苦悩が上手く描かれてたんじゃないかなと思います。
無印の時ほど、チナミは異人に対して噛み付くことはなかったです。
寧ろ、今後の行く末をしっかりと見つめていました。
最後は、主人公の幸せを願って現代に帰すんですが、マコトさんにチナミじゃない誰かと添い遂げるんだろうと突っ突かれて実感し誰にも渡さないと叫ぶあたり可愛かったですね(笑)
そしてなんと、チナミは現代に来ます(笑)
主人公の両親に、娘を下さいと言いに(笑)
龍神、八葉にも結構手を貸すようです(爆)
そして、二人で幕末へ…って、何度も行き来できるならしたらいいのにとふと思ったことは秘密です←
今回のチナミルートは、色々と救われるなって感じのものでした+









【八週目 アーネスト・サトウ】


アーネストは、なんと言うか…本当に紳士だなって感じが今回はしました。
友人として、初めはお互いに接していきますがいつしか思い合うようになって…と言うのが、描かれてました。
大雑把な部分もあるんですが、どこで好きになったか分からないほどではなかったかなと。
アーネストの優しい嘘には、結構ぐっときましたね。
主人公が、命を削るたび腕が透けていくんですが、それを目の当たりにしたアーネストは主人公は消えないといい放ちます。
一緒に生きるんだと。
現代イベントでは、教会を復興させておくと教会イベントがあります。
イベントで、ベールをつけ主人公に指輪を送って主人公に誓わせるのが、必ず生きてこの地(現代)に戻る事。
共に、ではなく…
その場で、共に戻るって言葉がなかったのでおやっと思ってたんですが、そういうことかと最後の最後思いましたね。
全てが終わって別れ際、共に行きたいという主人公に教会で誓った事を思い出させます。
神に誓った言葉を、破るんですか、と。
予想してたにしても、うわぁと(笑)
ここで持ってきたか、と(笑)
結局、主人公が耐え切れずにアーネストを追っていくことになるんですが、その時都は主人公を見送りながら幸せになれって言ってくれます。
いいね、都好き(笑)
アーネストの元に戻った主人公は、ドレスのスチルがあるんですよvv
赤いドレスで、可愛いですvv
あ、ちなみに、ルートの中ではアーネストの着物姿も見られますvv
結構美味しいルートだったと思いますvv









【九週目 福地桜智】


桜智くんは、相変わらずの桜智くんでしたね(笑)
というより、無印よりなんだがキモさが増してた気がします(笑)
初めの選択肢がもう、視線を感じる、気配を感じるとかでしたしね(笑)
さすが桜智くんです。
けど、今回のルートは無印と違って切ない系というよりは必死な感じが強かったですね。
主人公を護ろうとする桜智くんの葛藤とか、そういうのが描かれてました。
監禁しちゃったりしますし(笑)
ただ、瓦版には笑いました。
これは、実際にやってみて感じてもらうほうがいいのかなとも思うんですが、ネタばれ必至な日記なにで書いちゃいます(爆)
瓦版、御奉行からの条件での世論の誘導で書いたものなんですが。
神子に嘘はダメと言われていたために、下の方の絵の隙間隙間に小さく小さく言われないと分からない程の文字で【夢の屋の夢】と書いておくっていう(笑)
「ゆきちゃんに、嘘はダメだって言われたから…」的な告白もしてくれました(笑)
なんとも可愛らしい。
けど、瓦版のタイトルもまたね、凄いんですよ(笑)
これは必見な気がしますね。
笑います。
神子の活躍を書いたものなんですが、タイトル(笑)
誰が書いたとも書かれていないのですが、一発で分かるって言う。
相変わらずな桜智くんでしたが、最後はしっかり添い遂げてましたね。
夫婦の言葉に過剰反応してました(笑)
髪を下ろした桜智くんを見られるのも、今回が初でしたvv









【十週目 桐生祟】


今回のメインともいえるような彼ですが、ルートじゃないうちの最後はかなりあっさりと言うか、反省の色が…っていう感じでアレです(苦笑)
しっかりルートに入ってからだと、苦悩とか苦しみ寂しさそういったものが描かれているので納得も出来るんですが…
祟くんは、無印では本当に報われなかったので、今回のルートは本当によかったねと思える感じでした。
どうして自分が消えるのか、どうしても生きたいからこうするしかないんだという思い。
無印のものを引き継いでる感じでしたね。
なので、これはやっぱり無印をやってみてから進めて欲しいです。
祟くんが、本当は一番主人公を思ってること、口では消すなんていいながらも実際はできない事。
そして、倒れた主人公を家まで運んだり、御奉行の条件である写真を撮っておいてくれたりと、本当に随所に健気さが見えます。
そして、最後は改心するんですが…その後がやばいです!(笑)
祟くん、三年後エンド!!!!
大きくなった祟くん、めちゃくちゃイケメンなんですよ!(笑)
本当に、かっこよくなってて、僕、いい男になったでしょ?って言葉に何度も思わず頷きました←
三年後祟くん…コスしたい(爆)
背後から主人公を抱き締めてるスチルなんですが、ちょっとコルダの加地くんに似てました(笑)
そう思ったの、私だけかなぁ?←
とにかく、可愛かった祟くんの男前さにびっくりしました(笑)









【十一週目 天海】


天海ルートは、無印同様全部のエンドを見た後に開きます。
なので、今回も一番最後。
今回の話は、次元の狭間の神としてではなく、もともと宰相として幕末に居ます。
なので、実体もあります。
触れられます。
ただ、神な事には変わりないようで、そういった力も使えます。
でも、今回は戦いはありません。
天海は、あくまで助言するのみで主人公に危害は一切加えません。
無印では菊千代(上様)は、天海を不振がっていましたが今回は真逆。
天海の助言どおりに動くようになってしまっています。
なので、主人公が命を狙われたりも…。
けれど、天海は最後神子の言葉を受けて宰相を退きます。
そして、自分は狭間の神として戻る事を覚悟します。
主人公は、そんな天海も救いたいと最後龍神にお願いするのですが…
私は、FDのエンドより無印のエンドの方が天海は救われた気がします。
無印では、狭間の神から開放され現代で主人公と暮らすんですが…
今回は、狭間の神として闇に居ながら、透けた実体のない姿で現代の主人公の隣に居るんです。
幕末で、実際に触れる事が出来たのに、エンドではそれが叶わない。
凄く悲しくなりました;;
それでも、天海は主人公と共に居られるのが幸せだと言います。
幸せに触れられているからと。
本当、切なくてエンドで泣きました(苦笑)
透けてる天海と、手を繋ぐように手と手を重ねる主人公とのスチルなんですが…
周りには人が大勢居て…でもきっと、天海が見えているのは主人公だけで…
実際には手を繋ぐことも出来ないで居るとか…もう;;
無印では、おそらく合わせ世は消滅したから天海も狭間の神から開放されたんだと、分かるんですけど…
やりきれないなぁと思いましたね(苦笑)
あ、でも彼もキスシーンがあったのには驚かされました(笑)














とまぁ、こんな感じで全部が終わりました(笑)
ノーマルは、どのキャラとのフラグもない状態なのであえて書かないです。
41時間半で、クリアですね。
FDにしては長かったのかな?
私が今までしてきた、FDの中ではたぶん長い方な気がします。
大体、30時間あれば終わってたので。
読みゲーとの違いかもしれないですね。

FDを終えて思うのは、無印よりもやっぱり内容が濃くなってるし主人公もよくなってるなって事。
でも、私は無印も大好きですけどね。
FDでうーんって思ったキャラは、もう一度無印やり返します(笑)
特に天海!(笑)
というか、もう一年前のものなので内容うろ覚えな部分も結構あって。
もう一度初めからやるものありかなと思ってます。
10日の遙か祭りに向けて+



長々とネタばれ日記を書きましたが、読んでくださった方は本当にありがとうございます(^_^)
疲れませんでしたか?;;
文章がまとまりなくてすみません;
でも、FD本当に面白かったです+
リンドウは本気でツボだったので、今からイベント見返してきますvv
声も違和感はあっても好きなんですよね。
あの話し方も、こういうキャラだと思うとしっくりくるのかなとvv




さてさて、余談ではありますが、明日はうたプリ美風藍先輩の誕生日ですね!
藍ちゃんは、SSとか書ける気がしないんですが(爆)
お祝いはしたいですねvv
関連記事
スポンサーサイト

記事のコメント:

コメントの投稿

Copyright (C) 【くりすたる】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。